フィリピンってどんな国?

滞在許可

日本人は入国許可なしに入国、空港で21日間の滞在許可のビザが貰えます。
21日未満の観光目的で入国される場合はビザ取得の必要はございません。

観光ビザ (9A)

フィリピンに21日以上滞在予定の場合、日本のフィリピン大使館または現地イミグレーションにて観光ビザの申請をすることにより滞在期間を延長することが可能です。(最長2年間延長可能)。

日本でこの申請を行う場合、日本のフィリピン大使館にて59日間有効のビザを取得することが可能です。すでにフィリピンに入国している場合は、最寄のイミグレーションで入国ビザを38日間延長することが可能です。
(その後、ビザの期限前に更新手続きを行うことにより、最長2年間観光ビザを延長することが可能です)。

ロングステイ予定の方の多くは観光ビザで入国されますが、6ヶ月以上の滞在者は、出国の際ECC(エクシット/クリアランス/サティフィケート)を取得する必要がありますのでご注意ください。(詳しくは下記参照)、観光ビザでのフィリピン国内労働は許可されておりません。

労働ビザ (9G)

9Gビザは、労働ビザ(ワーキングビザ)で、発給に関しては他国よりも容易であると言われておりますが、取得までに要する期間が概して長いというのがセオリーです。おおよそ3ヶ月〜6ヶ月程度を目安とされるといいでしょう。
(申請前は、観光ビザになりますから、取得までの間はビザの延長が必要ですのでご注意ください)。
ビザの期間は、最大3年。過去の雇用状況により有効期間が変わります。同伴家族も同様に申請可能。

【必要書類とフロー】
まずは外国人労働局(DOLL)にて労働許可証を取得後、労働ビザ(9g)の申請を行う
<必要書類>
1、会社からのリクエストレター
2、申請書(公証人の認証があること)
3、労働契約書
4、雇い主の会社の定款・内規
5、SECからの認証済み定款
6、会社からの保証書
7、人事担当責任者からの証明書、会社で雇っている外国人社員の数などを明記
8、申請書の家族の出生証明書/結婚証明書など

投資家ビザ(9D)

9Dビザは、いわゆる投資家ビザと呼ばれ、フィリピンで会社を設立し、投資・持ち株(振込み株式)額が30万ペソ以上ある場合申請出来ます。ビザ取得に要する期間は9Gと同様3〜6ヶ月間程度かかります。同伴家族も申請できます。

【必要書類とフロー】
まずは外国人労働局(DOLL)にて労働許可証を取得後、労働ビザ(9g)の申請を行う
<必要書類>
1、申請人のリクエストレター
2、申請書(公証人の認証があること)
3、履歴書
4、会社との契約書
5、パスポートのコピー
6、会社総務担当役員の証明書
7、SECの認証済み定款
8、払い込み株式が30万ペソ又はそれ以上あること。
9、Adavit of Support(会社社長より)

結婚仮永住ビザ(13A)

フィリピン人を配偶者に持つ外国人が申請することで取得できる永住ビザが13Aの結婚仮永住ビザです。
ビザ取得後、1年間はこの仮ビザ(13A)となり、2年目からは正式な永住ビザ(13E)にアップグレードされるという仕組みになっております。取得費用は30,000ペソ、ビザ取得期間は2ヶ月程度。
このビザはフィリピンでの就労が可能ですが、その際も原則として、労働省からの外国人雇用登録証が必要です。(下記参照)

結婚永住ビザ(13E)

結婚仮永住ビザ(13A)を取得後、1年経過した後にこの正式永住ビザが取得できます。結婚永住ビザは離婚により永住権利は失効します。
取得費用は25,000ペソ、ビザ取得期間は2ヶ月程度。

<必要書類>
1、申請書 3枚 (公証人の認証があること)
2、出生証明書(フィリピン国籍の配遇者)
3、結婚証明書又は、結婚契約書
4、婚姻用件具備証明書
5、過去に離婚している場合、離婚証明書
6、扶養している子供の出生証明書
7、経済的基盤の証明
8、身体検査(検疫局)

割当移住・永住ビザ(13E)

フィリピンと移民協定を結んでいる国、アメリカ、ドイツ、日本に対して発行されるビザで年間発給数が50人制限の設けられた永住権を獲得できるビザ。
デポジットの必要もなく、年間の更新料もなし、更に年齢制限もないという最強の永住ビザですが、年間50人という制限からその年の上限に達してしまうと否応なく来年以降に取得が持ち越しになってしまうので、申請時期には注意が必要。4万ドルの預金証明が必要ですが、ビザ取得後、生活費等に使用することが可能。ビザ発行に先立ち面接があります。発行に要する期間は3ヶ月程度。

投資委員会・特別経済区ビザ

BOI・PEZAに登録している会社で働く外国人とその家族に与えられるビザ(通称:メプサビザ)。
職位により異なりますが、外国人社員については下記の書類が必要です。

<必要書類>
1.在職証明書
2.会社からのリクエストレター
3.パスポートのコピー
4.PEZA申請書
5.履歴書
6.SEC認証済定款
7.雇用契約書
8.写真

特別労働ビザ(短期)

労働に対して無報酬が条件となる、研修や技術指導などを対象としたビザ。(最大3ヶ月まで延長可能)
ビザ無しまたは日本で取得した観光ビザ(59日間)で入国後、申請し現地イミグレーションで発行される特別ビザ。

<必要書類>
1.パスポート
2.会社との契約書
3.SECの認証済定款
4.リクエストレター

バリックバヤン・ビザ

フィリピン人と結婚している外国人が、入国時にフィリピン人の配偶者と一緒に入国する事を条件に空港到着時イミグレーションにて、自動的に1年間の滞在許可が与えられます。

学生ビザ

入学希望の学校から入学許可を得た後、フィリピン外務省・在日公館に必要書類を提出し、在外フィリピン大使館又は、領事館より発給されるビザです。
医学・歯学の場合は高等教育委員会(CHED)の入学資格認定証明書が必要です。
ビザなしで入国、または観光査証などからの現地切り替えも可能。

【フィリピン外務省提出書類】
◆入学許可証 ◆履歴書(写真貼付)
◆通学滞在費用をカバーする財政証明
◆成績証明書(在日公館認証要)
◆パスポートコピー ◆出生証明書(在日公館認証要)
【在日公館での学生査証申請書類】
◆申請書 ◆写真3枚
◆無犯罪証明書(日本の警察本部発行)
◆健康診断書 ◆パスポート

        

その他の注意点

二重国籍

両親のどちらかがフィリピン人である場合、その子供が18歳になるまで、二重国籍を保留できます。
18歳になったら、2カ国どちらかの国籍を選ぶ権利があります。
入管及び司法省での審査のあとビザが発給されます。

<必要書類>
1.両親のパスポートのコピー
2.子供のパスポート
3.両親の出生証明書コピー
4.結婚契約書または、証明書
5.宣誓書
6.子供の出生証明書
日本で生まれた場合、子供の出生証明書を在マニラ日本大使館にて取得する。
*戸籍謄本を翻訳、認証を得たもの。 
フィリピンで生まれた場合、NSOからの出生証明書

外国人労働登録証明書

外国人がフィリピンで就労する場合、労働ビザとは別にこの外国人労働登録証明書を取得する必要があります。 
労働ビザと同様、会社の規模、役職、会社との契約書、学歴、職歴などを審査されます。会社の株主1人である場合には必ず取得できますが、そうでない場合、許可されない場合もございます。

<必要書類>
1.レターリクエスト
2.申請書
3.会社との契約書
4.ACR/ICR(もしあれば)
5.写真
6.SECの認証済定款
7.役員決議書又は、会社総務担当役員の証明書
8.履歴書
9.結婚証明書

パスポートの有効期限

旅券の有効期限が滞在許可期限に失効する場合イミグレーションでは、旅券の失効期限の6ヶ月前までしか滞在許可を与えません。
また、他国へ旅行する場合旅券の残存有効期限が少ないと、入国時、問題となる国もありますので注意しましょう。通常6ヶ月以上の有効期間が必要です。盗難や事故でパスポートを紛失してしまった場合その現場の所轄の警察署に被害届けをだすか、又は、観光省のツーリスト.アシスタント.センターに届けます。
在マニラ総領事館に以下の必要書類を揃え、渡航許可証を申請します。

<必要書類>
1.警察または、観光省からの紛失証明書
2.帰りの航空券または、予約確認書
3.写真3枚
渡航証明書取得後イミグレーションで、この渡航証明書に入国スタンプを押してもらうこと
(警察.観光省からの事故届で証明書が必要です)

再入国許可証・出国許可証

ACR-Iカードがあれば以下の書類は必要なしに、直接空港で出入国手続きができるようになりました。
申請中の方は、以下の出国前に書類が必要です。
■Re-Entry Permit■
滞在ビザは、その種類がどんなに長期の許可を持っていても、フィリピンを出国した時点で、その効力を失ってしまいます。
現在持っているビザを消滅させずに出国するためには、リ・エントリ−・パミット(再入国許可証)を取得しておく必要があります。
■Emigration Clearance Certificate■
出国の手続きの際に、リ・エントリ−・パミットと一緒に申請し取得します。
観光ビサで入国した観光客は21日を過ぎる前に延長手続きをしますが、延長して滞在期間が6ヶ月を過ぎる場合は、出国にあたってECCを取得する事が義務づけられています。6ヶ月以内の場合は必要有りません。